まわりと差がつくポートレート写真の撮り方

ポートレート写真を綺麗に撮りたい

撮影の技術を上達させよう

正面から被写体を撮影する方法は、ポートレート写真に向いていません。 証明写真のような雰囲気になるので、周囲の風景と合わないでしょう。 綺麗なポートレート写真を撮る際は、いろんな角度から撮影するのがおすすめです。 顔を斜めに向けてもらうことで、小顔効果が生まれます。

簡単にできる撮影方法がある

写真を撮るのが好きな人の間で、ポートレート写真が流行っています。
簡単に説明すると、人間を撮った写真になります。
ですが、ただ撮影すれば良いだけではありません。
周囲の雰囲気と合わせたり、その人が持っている魅力を最大限に引き出すことを目標にしています。
何度かポートレート写真を撮影しても、なかなか理想的な写真を撮影できない人が見られます。
正面から撮影していることが原因で、証明写真のように見えてしまうことがあります。

顔の角度を変えることで、被写体の魅力を発揮できます。
正面ばかりではなく、横や上を向いて撮影させてもらいましょう。
また顔は横を向いていても、目線だけカメラに向けてもらうのもおすすめです。
写真を撮る時は笑顔になると思いますが、上手く被写体の人が笑えていないかもしれません。
引きつった笑いでは、上手く撮影できないでしょう。
被写体に、リラックスしてもらうことも重要です。
何気ない会話をすることで、緊張がほぐれると思います。

棒立ちの状態では、楽しい写真が撮れません。
全部似たような写真になってしまいます。
ポーズを変えて、何度か撮影しましょう。
顔の近くに手を持ってくることで、小顔効果を期待できます。
また、顔の半分を隠すポーズでも良いと思います。
雰囲気に合っていれば、口元を隠しても問題ありません。
無理に笑おうとしないで、雰囲気に合っているポーズを考えて写真を撮りましょう。
するとこれまでより、ずっと良い写真になります。

被写体をリラックスさせる

写真を撮られる側は、少なからず緊張しています。 その状態で笑ったとしても、自然な笑顔にはならないでしょう。 本人は上手く笑ったつもりでも、全く笑えていないことが多いです。 上手くポートレート写真を撮るコツは、被写体をリラックスさせることだと忘れないでください。

綺麗に見えるポーズを研究する

被写体を小顔に見せることで、さらに綺麗に撮影できます。 顔の周りに小物を置いたり、手を持ってきたりするのが良い方法です。 様々なポーズを試して、顔が小さくなるように撮影してください。 撮影する場所にもこだわることで、写真の雰囲気がもっと良くなります。