ポートレート写真を綺麗に撮りたい

この記事をシェアする
B!

撮影の技術を上達させよう

斜めや上を向いてもらおう

斜めから撮影すれば、綺麗に見えます。
完全に横を向いてもらっても良いでしょう。
普段とは、異なる雰囲気の写真を撮れます。
向いてもらう方向はどちらでも良いですが、人によってより綺麗に見える方があります。
どちらが良いか分からない場合は、左右両方をとりあえず撮影してください。
すると、より綺麗に見える方が分かると思います。

上を向いても良いですね。
敢えてカメラから視線を逸らすことで、ナチュラルな雰囲気で撮影できます。
少し被写体から離れて、歩いている風景を撮るのもおすすめです。
停まっている姿より、動いている姿を撮影した方が躍動感を出せます。
様々な動きを組み合わせて、ポートレート写真を撮りましょう。
どんな顔の角度でも、試してください。

目線を向けてもらおう

顔の角度や向きはカメラから逸れていても、目線だけ向けてもらう方法があります。
特にアップで撮影する時に、目線を向けてもらう撮影方法がおすすめです。
目線を逸らした状態では、なかなかうまく撮影できなくても焦らないでください。
今度は、目線を向けてもらって撮影しましょう。
目線を変えるだけでも、かなり異なる雰囲気になります。

また目線を右に向けてもらった次は、左に向けてもらうのも良いですね。
上手くポートレート写真を撮影する時は、いろいろと変えることがポイントです。
次第に、最も被写体が綺麗に見える目線が見つかるでしょう。
ポートレート写真では、被写体の魅力を引き出さなければいけません。
ですから、綺麗に見える角度などを早く見つけましょう。